通所系サービス提供継続に関する協定の締結

奄美大島介護事業所協議会に所属している通所系サービスを行なっている4事業所は、新型コロナウイルス感染症が奄美大島内で感染拡大した場合に備え、通所系サービス提供を適切に継続し続けられるような職員相互派遣体制を構築するため、奄美大島地域介護サービス提供継続支援チームと共同し、職員相互派遣に関する協定を締結しました。

20210207付け南海日日新聞
.pdf
Download PDF • 586KB


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

奄美大島介護事業所協議会が中心となって平成30年度に初めて開催しました「奄美共生プロジェクト」につきましては、認知症を患った高齢者の皆さんや障がいを抱えて生活している方々が、今まで以上に地域に出掛けられ、地域住民と交流できる環境(雰囲気)を醸成することを目的として、様々な障がいを有する皆さんとその家族、支援者、そして地域住民の皆さんが”一緒に参加できる”イベントを開催いたしております。 今年度も開

支援チームでは、在宅サービス利用者が新型コロナに感染、濃厚接触又はその恐れがある場合でも訪問系サービスが提供継続できるように、『訪問系サービス提供継続実施チーム』を創設しました。2021年2月25日現在で、訪問介護員7名、訪問看護師6名が登録されています。

支援チームでは、新型コロナウイルス感染症の正しい知識とガウンテクニック等の感染予防に関する技術を身に着ける為、昨年11月に事業所管理者・経営者向けの研修会を、昨年12月に訪問系サービス事業所の職員を対象に、1月に介護支援専門員向けの研修会を開催しました。